元親方、4月に二審判決=暴行主導改めて否定−時津風部屋傷害致死・名古屋高裁(時事通信)

 大相撲時津風部屋の序ノ口力士だった斉藤俊さん=当時(17)=が暴行を受け死亡した事件で、傷害致死罪に問われ一審で懲役6年の実刑判決とされた元親方山本順一被告(59)の控訴審第1回公判が25日、名古屋高裁(片山俊雄裁判長)であり、弁護側は改めて暴行を主導したことなどを否定し、一審判決は重過ぎると訴えた。検察側が控訴棄却を求め、公判は即日結審。判決は4月5日に指定された。
 弁護側は控訴趣意書で「親方から暴行指示があったという兄弟子の公判供述には食い違いも多く、共謀は成立しない。ぶつかりげいこは適法で、斉藤さんの死亡との因果関係もない」と主張。
 一方、検察側は「ぶつかりげいこは制裁目的で違法、弟子との共謀は成立する」と反論した。 

【関連ニュース】
検視官の出動数43%増=解剖率は小幅上昇
元時津風親方が相撲協会を提訴=退職金支払い請求

列島は春の陽気、大阪・堺で23・9度(読売新聞)
少女側が告訴取り下げ=元Jリーガー釈放−東京地検(時事通信)
<雑記帳>苗代田祭「ベブがハホ」 宮崎・高原(毎日新聞)
ペイオフ見直しせず=中小金融に有利にならず−金融相(時事通信)
賭けの対象は「球児の熱戦」 賭博場を開いた組幹部ら逮捕 警視庁(産経新聞)
[PR]
by oqztda3t3g | 2010-02-28 20:24